日本のバレンタインとホワイトデー

畑津:日本のバレンタインとホワイトデー 

世界中のバレンタインデーは、カップル間の愛のお祝いとしてよく見られます。一部の人にとっては、それはあなたの片思いを告白する機会と見なされます。男性が主導権を握ることが期待されていますが、日本ではそうではありません。 

日本の文化では、最初に告白するのは女性であり、告白する機会はバレンタインデーによくあります。男性はホワイトデーに返信を送信し、好きな女の子にキャンディーを送ります。このユニークな伝統については、ここ畑で学びましょう!

日本人はどのようにバレンタインデーとホワイトデーを祝いますか?

女性が男性にチョコレートを贈るという行為は日本では長い歴史があり、日本の製菓メーカーが女性にハート型のチョコレートを販売して愛する人に告白する機会を見たときに始まりました。その間、男性に告白する女性はタブーと見なされます。しかし、伝統はすぐに定着し、すぐに、それは男性と女性が社会でどのように相互作用するかへのターニングポイントになりました。 

今、日本人はバレンタインを祝い、女性が友達にチョコレートをあげたり、ロマンチックな興味を持ったりしています。時々、熱心な女性は彼らのときめきに与えるために彼ら自身のチョコレートを作ることさえあります。ボーナスのお祝いとして、日本人も3月のホワイトデーを祝います。 

この日、男性は好きな女性にキャンディーをあげます。これはバレンタインデーでの女性の告白への応答として扱われることが多いため、女性が男性にチョコレートを与え、彼が彼女を好きな場合、彼は同じように感じていることを示すために彼女にキャンディーを与える義務があります。 

さまざまな種類のバレンタインチョコレート、バレンタインデー 

さまざまな形の愛があるようににはさまざまな種類のチョコレートが配られます。これらのチョコレートは、多くの場合、受取人との関係の種類によって異なります。下のさまざまな種類を確認してください: 

ギリチョコ 

ザ・義理チョコは日本で義務チョコレートとして知られており、多くの場合、感謝の負債を表現するために、受信者に与えられています。この種のチョコレートは、上司、男性の友人、仕事仲間、さらには家族にもよく与えられます。 

本命チョコ 

本命チョコは特殊なチョコレートで、細心の注意を払って作られ、繊細な箱や容器に包まれて見られます。この種のチョコレートはあなたの大切な人だけに与えられるべきです。これには、夫、ボーイフレンド、片思い、婚約者、恋人が含まれます。

ギャクチョコ 

ギャクチョコは、男性が女性の利益のために与えるチョコレートの一種です。このチョコレートは日本では珍しく、それを与えた男性が受取人に非常に興味を持っていることを意味します。 

Mehonmei choco Mehonmei chocoは、バレンタインデーに受け取ったチョコレートを往復する手段として、ホワイトデーに男性が贈るチョコレートの一種です。 

Leave a Comment

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。